周辺のぶらり歩き

これは、とあるパークのパフォーマンス!

路上になにやら落書き!が(^^)

夏の暑い日に、とっても楽しいアートです@

とっても素早く描いていくパークのお兄さん!

こういうのを見るだけで、楽しいです@@

Sn3g0161

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市杵嶋姫神社(海の恵み)

「すみよしさん」で有名な住吉大社の南門からでて、

一本南の小川を渡ったところに、神社があります。

水に囲まれた、市杵嶋姫がまつられてます、聖域のような神社です。

姫様は、天照大神と素盞嗚尊が誓約を行った際

うまれた女神『宗像三女神』のおひとりです。

『宗像三女神』の皆様はそれぞれ宗像大社の辺津宮、

中津宮、沖津宮にいらっしゃいますが、

市杵嶋姫様は、唯一陸にある辺津宮にいらっしゃいます。

別名「斎嶋姫」ということで、神社への入り口、斎を司ってらっしゃるようです。

明治以降、弁天様とも職を同化され、

芸事や海運(招福)をも司る方だそうです。

たしかに、真剣に芸を志すかたは、その前に潔斎をされ、

身をきよめてから取り組まれるとか・・・

そんな状況を彷彿させる、お宮でした。

実際、神前の東屋には、たくさんの名札(芸名札)が納められてました。

精進されるかたの心意気を感じました。

あ~・・・私もがんばらねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住吉大社

通称「すみよしさん」P268 http://www.sumiyoshitaisha.net/outline/index.html

ちひらは幼いころから更に縮めて、

「すみよっさん」と呼んで来ました。

「し」と「さ」が重なるから、どっちかが省略。

で、最近は「大社(たいしゃ)」とも呼ぶかな?

初詣の人の多さで全国区になったこの御社。

実は、近い私はつい最近になって今年初めて参詣してきました。

だって。。。。混むんだもん(><)

で、いつも初詣は傍の「生根神社(いくねさん)」

こちらの宮司さんとは父の代が友人どうし・・・ローカルですね。

で、そこから、仰ぎ見て帰るのが年中行事@

さて、本題のすみよしさん。

海・航海の神であらっしゃいます。

応神天皇(仁徳天皇のお父さん)を身籠り続けて2年も戦にでかけた神宮皇后の、今で言うスポンサーになって、その後も大和の国を導いた方です。

ま、いろいろ説話があるのですが、

人生に迷ったときにその道標を指して頂ける方です。  

結婚式にも、いいようです。

実は、ちひらの兄も結婚式の朝、式の前に紋付袴(花嫁は角隠し)でお参りしました。

ちひらも、色々迷ったときは、お参りしてます。

・・・・

見所としては、有名な太鼓橋とか神田かな。

他に、神事や夏祭りも素晴らしいです。

夏祭りは7月の30-31日で、

翌日のPLの花火も実はあるスポットから見えたりするんですよ。

他に、いろいろありますが、それはまた次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)